婦人

外付けhddの復旧は一刻を争うものです|緊急事態を冷静に解決

簡単にメールを使うには

Eメール

何かと便利なメールですが、二種類あることはご存じでしょうか。一つはメールソフトに設定する方法。二つ目はプロバイダーなどのホームページからログインして利用する方法です。これをウェブメールと呼びます。それぞれ長所と短所がありますので紹介します。まずメールソフトに設定する場合、パソコンにメールを開始する上で重要なソフトをインストールしていることが大前提になります。そして、設定の前にプロバイダーから付与されたメール情報を準備します。メールアドレス、メールパスワード、受信送信のサーバ情報が必要です。設定の際、これらを1文字でも間違うとエラーになります。また、複数台のパソコンでメールを利用する場合、1台ずつ設定が必要です。

ウェブメールはインターネットが開通すれば設定することなく、すぐにメールを使えるのが最大の長所です。メールソフトがインストールされてあるのか分からない、インストールの仕方が分からない場合はウェブメールが良いでしょう。プロバイダーのホームページに、メールやウェブメールという見出しがあるのでそこをクリックします。次にメールアドレスとパスワードの入力を求められます。これは開通時にプロバイダーから送付される書類に記載されているので、失くさず保管して下さい。使い方はこれだけです。また、別のパソコンでメールしたい場合は、同じようにプロバイダーのホームページを開きログインするだけです。1台ずつ設定する必要はありません。そのため、業務用としてはとても便利なものだと言えます。たとえば、仕事を自宅まで持ち込んだ際に、自宅のパソコンで同じIDでログインすれば、すぐに業務用メールを確認することができます。また、出張があった際も持ち歩き用のノートパソコンやスマホから、簡単に自社や相手先にメールを送ることができます。このようにビジネス向けのウェブメールは、とても実用的と言えるのです。