デジタルサイネージで広告を出そう!多くの人に見てもらいやすい

新しい広告といわれているデジタルサイネージとは?

女性

デジタルを使った広告

ネット環境が普及したことで広告業界もどんどん変わってきています。その中でもデジタルサイネージは、今最も注目されている広告方法です。これは、電車の中などで見かけることが増えた、デジタル表示を行なえる機器に広告を出すという新しい方法です。これまでの広告と違い、動画もあるので、人の目に止まりやすくなっています。

動画に工夫ができる

デジタルサイネージを使った広告は、さまざまな工夫を行なうことができます。例えば、企業マスコットがいるのならそのキャラクターを使った動画にしてみたり、企業イメージに合うタレントを起用してみたりと色々と工夫できるのです。動画制作や映像制作を主に行なっている会社に依頼すれば作ってもらうことができますよ。

静止画で出すことも

デジタルサイネージは、静止画で作ることもできるので費用に合わせて広告を出すことができます。静止画の広告であれば、そこまで値段が高くないので気軽に出すことができるでしょう。しかし、人の目に止まってほしいと強く思うのなら動画がおすすめです。特に電車にあるデジタルサイネージは目に止まりやすいので、動画で出すほうがよいでしょう。

気になるのなら相談を

デジタルサイネージで広告を出したいのなら、まずは取り扱っている会社に相談してみてください。何も知らない状態でも最初からデジタルサイネージについて説明してもらうことができます。大阪などにもこういった会社は多いので、気になっているのならまず相談するとよいでしょう。

動画制作する意味はある?どんなものが良いのか?

自社アピールがしやすい動画

デジタルサイネージに動画を出すというのなら、自社のことが分かる内容を作るのが重要なポイントになります。せっかく誰でも見られるところへ広告に出すのなら、短時間で自社のことを理解してもらえるものを作るのがよいでしょう。

色彩に注意してもらう

動画制作を依頼する際は、内容の色彩にもこだわってみましょう。暗過ぎると目に止まりませんし、明るすぎると内容が伝わってこないなどの問題が出てくるので、動画制作の会社と相談しながらカラーにもこだわってみてはいかがでしょうか?

人の目に止まる内容を

デジタルサイネージで広告を出すのなら、人の目に止まってもらわないと意味がありません。自社アピールもそうですが、人が興味を持つ内容を取り入れてみるのもおすすめです。そうすることで、たくさんの人に名前を知ってもらえる機会が訪れます。

細かく指示するのも大事

デジタルサイネージについて何も知らないからと全て制作会社に任せることもあるでしょう。しかし、仕上がった内容は必ず確認することをおすすめします。細かく指示を出したほうが制作会社にとっても良いので、確認を怠らないようにしましょう。

広告募集中